スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) スポンサー広告

落とし・・・ました・・・orz

6月に曲を完成させると言っていたのだけれど!
あれれ!もう7がつ!月日の過ぎるのは早い!
あまりの早さに、カレンダーをめくった瞬間二度見!
曲は完成していない!でも、7がつ!

というわけで、じゃっかん延長戦にもつれ込む制作!
大枠はとりあえずできていて、
もう歌詞もできあがって、今は推敲しているところなのです。

必ずいい曲になりますので、もう少々お待ちを~☆
スポンサーサイト
2011/07/02(土) 小話

服の福袋的作曲法「闇曲」

>ちなみに、ファッションを楽しむなら!服の福袋って、選ぶ楽しさはないけれど、それに合わせた着こなしを見つけられるかもしれない、新しい風の入り込む余地としてすごくいいとおもうの!
前の記事でこんなことを書きました。
これは、今回の記事を書こうと思ってしのばせていた伏線的なものなのです!!!!私ってばおちゃめ!!

そこで、ネジP考案の闇曲(やっきょく)という曲を作るための遊びを書きます。
音楽をつくるときはイメージがなによりだいじ!イメージできないことには作曲ができないので、あいまいなイメージをより具体的にしていく遊びなのです。
簡単にがいようを説明すると、「カードを引いて、その条件に合った曲をかんがえる」というコンセプト。闇鍋が大元になっていましゅるる。
では、ぐたいてきな方法について、次にのべましゅるる。

まず、たとえば名刺専用のプリント用紙などを買ってきて、そこに音楽の要素を何でもいいからいっぱい書きます。「シャッフル」とか「3拍子」とか「アップテンポ」とか「エレクトリックドラム」とか「金管楽器」とか「メジャー」「マイナー」とか。思いつく限りの要素を、普段自分が使うものから使わないものまで色々そろえます。私は40枚ぐらいかきました。もっと書くともっと楽しいとおもいます。
そのカードを、シャッフルします!目安としてその中から5枚ほど引きます。いまやってみますね。

出てきたカードは
「ストリングス」「リフ」「バッキング」「ギター」「変拍子」
そして、この要素に沿ってどんな曲になるのか妄想します。このカードの中からはストリングスが浮いていそうなのですが、なんとか妄想をがんばります。がんばって妄想できたら、それは大切なイメージなので、何らかの形でメモに取っておくといいと思います。そのまま曲にするのもよいです。
私はこの構成で曲は十分作れると思うのですが、「リフ」「バッキング」「ギター」の並びのおかげで曲調が大体決まってきてしまいそうな気もするので、そういう時はカードを1枚捨てて、もう1枚引いてもいいと思います。何を捨てるかを悩むのも楽しいです。試しにバッキングカードを山札に戻して、シャッフルしたあとに1枚引きます。

むむ、バッキングを捨てたら「ドラム」が入ってきました。あれれ、前とイメージが変わってにゃい。思い切って変拍子を山札に戻してもう一枚引いてみます。「3拍子」がきました!ここでもう一回妄想!もやもやーん。うんうん、全然いける!でも、まだあいまいなので、今度はカードを捨てずにもう一枚引いてみます。この辺は自由にやってもいいのです。
えっ・・・「落差」カードがきました。落差カードがきたら、それまでの流れに「落差」をなんらかのかたちで入れなくてはいけないのです。どんな落差でもいいのです。メロディの高低での落差でもいいし、曲調がいままで「ロック」だったものが、あるときを境に「ジャズ」に変わる落差とか、なんでもいいから落差を入れることがこのカードの条件なのですよ。妄想の余地が一気に広がる一種のキラーカードです。余地が広がることで逆にイメージしにくくなったら山札に戻しても構わないのです。ただ、私の場合は「落差カードが来たら山札に戻せない」というルールを自分で設けているため、このカードがきたら何らかの落差を必死に考えるひつようがあります。音楽の中で考えられる落差を必死にさがして、それを曲に盛り込むのです。

というように・・・
重ねてもうしあげますが、音楽を作るときはイメージがすっごくだいじ!
そんなイメージを、運の要素も交えながら楽しむ、というのがこの闇曲というあそび!
まだまだ開発途上の遊び方ではありますが、私もこれで一曲つくってみたいにゃー。うふふ。
2011/02/22(火) 小話

ララルリルラ~♪

今日おやすみなので歯医者さん行ってこようと思います。
歯医者さん・・・こわいよう><
遠くを見つめて走りたい!太陽を目指して走り続けたい!あわよくば歯医者さんと反対の方向へ!

街はもうクリスマスムード一色!クリスマスツリーも飾られて、イルミネーションがぴかぴか光り、私の地方では雪も降りました。山下達郎も竹内まりやも準備万端!クリスマスキャロルの流れる頃には、君と僕の答えもきっと出ているだろうし、あとはサンタさんがくるのを待つだけ!
みんな、靴下の用意はできてるかな!サンタさん、ちっちゃい靴下にプレステとかWiiを押し込むのに毎年苦労してるみたいだから、ちょっと大きめのものを用意してあげてね!人が入れるぐらいのおっきな靴下を用意した人はご用心!誰がどんな状態で入ってるか、朝になってのお楽しみ☆リボンを巻いたネジPが入ってることもあれば、見るも無惨ななんでもないよ!サンタさんいいひとだもの!やっぱり毎年押し込むのに苦労するとは聞いています!

次の曲、急ピッチで作っています。
前回、ゆったり作るみたいなこと言いましたが、ゆったりしていられない感じになっていて、せかせかと作っています。近日必ず公開しますので、お楽しみに!
ちなみに、ネジPが音楽を作る時の特徴なのですが、曲名が本当に一番最後に決まるのですよね。
曲を作るだけ作って、最後にあれこれ悩んで「あれでもない、これでもない、うーん、うーん・・・あ、知恵熱が出た!すこし休憩!10分ねる!そして3年後・・・元気に動き回るネジPの姿が!」ってなるのです。曲名を決めるのが一番むずかしい!ちなみに、ビートルズ形式でサビの一番最初のフレーズを曲名にするっていうのはすごくいい技法なのです。メルトもそうでしょう。ルカルカ★ナイトフィーバーもそうでしょう。みっくみくにしてあげる☆もそうでしょう。すごく印象に残るから使いたいのだけど、今回使えるのかなぁ。作ってみないとわからにゃい!がんばる@q@
2010/12/15(水) 小話

そろそろ私のターン!

近頃もっぱら忙しい日々なのですが、「忙しい」って口に出すのは自分の時間の使い方がへたっぴであることを暴露するようで、少し躊躇します。「時間が足りないんだぴょん!私悪くないもん!」とかわいく言い換える器量がだいじ!

ところで、10/10に開催されるHokk@loid Festival 2なのですが、私も参戦する運びとなりましたー。
というのも、前々から依頼のあった制作というのがこのイベントのオープニング!ええっ!だいじなやくまわり!
ということで、運営からの強い要望で、初めて人前に出ることになりましたー。当日ステージにも立たされるかもしれないと運営に言われても、普段からどーんと構えてる私ですから、ぜぜぜぜんんぜん緊張なんてししししてないんだからねっ!
当日は気合いの入った名刺なども用意して伺う予定ですので、なんか名刺とかコレクションしたい人は話しかけてくれたら名刺を2枚セットで渡します!2枚っていうのはひじょうにいみしん!だけど、2まいさしあげます!
オープニングのPVもなんだか非常に頑張って貰っていて、一生懸命聴けば聴くほど、想像力を働かせれば働かせるほど、フェスタにのめりこめる曲を作ったつもりです!当日空いてる人は是非来て下さいー。
なお、参加には申請が必要になってますので、9がつ30にちまでに参加表明をよろしくおねがいします!費用は2500円かかりますが、オープニングだけで2500円分の価値あります!それぐらいの気合いで作りました!よろしくおねがいします!


というわけで、拍手に返信のコーナー!

>kara様
な、なんと!年内に発表されるのは一曲だけかと思っていたのですが、水面下で色々進行していたのですね…!wktkが止まりません。正座でお待ちしております(*゚∀゚)=3


ああっ!ぜひ足を崩して下さい!wktkはそのままで、足のみを崩して下さい!
仰るとおり、水面下でいろいろやってました!
次の曲はそのイベントに特化した曲のため、いままでとちょっと違った演出なども入っているのですが、イベントが終わった頃にでもニコニコにアップされる予定ですので、もう少しだけ待っててぴょん!メロディを聴けば「ああ、これネジPだ・・・。」って納得して頂けると思います!

では、これにて☆
2010/09/24(金) 小話

今後の更新について少々

大変長らくご無沙汰しておりました!ネジPです。生きておりました。
前回の更新から大分空いてしまいましたが、各方面に動き回り、様々な体験をしていましたよ!
あまりにもいろいろやりすぎて、このブログのことを忘れてましt・・・痛いイタイ痛い!
痛いよ初音さん!ギブ!ギブ!極ってるって!

私ってどうも音楽にしろ文章にしろ、いったん手をつけ始めると妥協できないのですよね。
曲の更新が遅いのは毎度のことですが、文章となるとまた勝手が違う!

文章をまとめるべくあれこれ考える→すぐに更新できない→そのうちネタが増える→
増えた内容をまとめる→すぐに更新(ry←イマココ!

これが私の悪いところですね。練り上げ過ぎていつも時間がかかってしまいます。
曲にしろブログにしろ、スピードを上げるのが私の最大の課題です。

曲の制作は、その都度出来るかぎりのことをしているので、あとはいかに制作速度を上げるか。
そのための研究・考察を重ねています。いくつか実験をしてみたり、他のクリエイティブなお仕事の現場を参考にしてみたりして、今後の制作を速くしていきたいのです。

さて、本題のブログなのですが、いつも考えすぎてるからいけないのだと思いました。
小さなことを思いつく度下書きに溜めていき、それを積み重ねて小さな更新を続けていく。
ブログって一発大きな更新するよりも続けることの方がよっぽど大事ネ!
だから私小さな更新続けることにしたヨ!ツイッターみたいな感覚で少しずつ少しずつ・・・
増やしていけばいいのヨ!これなら私にも出来るネ!


それでは拍手にスーパー返信ターーーイム!


ランコ様
>こんばんわ!突然ですみませんが不思議な幸せを歌いたいです。動画として上げたいのです。カラオケ版のmp3の配信はもう終わってしまったのでしょうか?宜しければお返事下さい!


お返事が大変遅れて申し訳ありません!不思議な幸せのカラオケmp3は上げておきました!
右メニューの音源配布カテゴリからどうぞ!動画wktkしてお待ちしております!


刹季様
>音源待ってました!!!これからも頑張ってください><


ありがとうございます!一人でも多くの方々に聴いていただければこの上ない喜びです!フヒヒヒヒ!
これからはもっと頑張ります!それはもうキビキビと!キビキビ!


-様
>年末までに…ネジPの生存報告聞けたらいいなあ。曲も気長に楽しみにしてますね!


…はい!年末までに間に合いませんでした!生きてました!
曲はお待ちくださいませ!今年上げる予定があります!


-様
>とても素敵な小話だと思ったのですが、語尾のネが、まるで物語に出てくるうさんくさい片言な日本語を話す外国人の様で、吹いてしまいましたごめんなさい。


何!この小話のヒロインは私アルヨ!うさんくさくもないし片言でもないし外国人でもないし素敵な小話に違いないアルヨ!


某様
>70億近い人間が居て、ここに来るまでに二千年以上の時間が在って。誰一人気付いていない事なんて、もう無いのかも知れませんね。それでもりんごの落ちるのを見て、自力で引力に気付ける人は。りんごに蜂蜜を掛けると、おいしいかもって気付ける人は。すごいなぁと、素直にそう思うのです。


人類始まって以来の全ての人間が時間をかけて見つけたこと…それは膨大な量ですよネー。
その中で天才、鬼才として名の知られた人が歴史に残る研究・発見をしてきた。
でもその傍らで、人知れず小さな発明をして、それが今日まで実用化されている物も数多く存在することでしょう。
そう考えれば一人の人間の力は弱くとも、それが積み重なれば強大な文明を築くことができる。
そういう中で、既に誰かが気付いたことに自力で気づく。それだけの観察眼を持っている人は、また新しい何かに気づく可能性もまた高いのではないでしょうか。私もそういう眼力を磨かなければならないなーと思っているのですよ!


さよ教P様
>ボカロにハマり始めた当時、ヤンデロイドタグ巡りをしていてこの曲に出会い、以来ずっと大好きです。音源頂きました。カラオケ版も頂きましたので、KAITO(KAIKO)か歌愛ユキでカバーさせていただくことになるかと思います。素敵な曲をありがとうございます!


ありがとうございます。ネジP曲は細く長く聴いていただくのに向いている曲が多いので、今でも好きでいてくださるなんて!もう嬉しすぎてタンスの角に肩ぶつけてしまいましたよ!それはさておき、さよ教P様のマイリストはこちら!カバーの完成心待ちにしております!




天クル様
>真似かー。素直な心って大事ですよね。色んな事を知れば知るほど、大体の見当が付くことがあって、見てもいないのに「~でもそれって~」と頭ごなしに否定形から入っちゃう事が自分はよくあって、実際に自分の体を動かす事は殆どなかったりとか。でも、何でもかんでも人の話を鵜呑みにすればいいってものでもないし、難しい処です。研究みたいに自分が長い間考えて取り組んでいたもの等はどんなにエライ人の一声でも、その場の思いつき程度で自分の意見は曲げれないですし。なんか話関係無いことばっかでスイマセンw次回作ガチ楽しみなので気長に待ってます!!どんな曲になるのかイメージが前書かれてましたよね。お耽美でしたっけ?よくわかりませんが美しいものは正義みたいな考えなのでしょうか。自分は美輪明宏さんとかふつくしい・・・と思っちゃいます。三島由紀夫とか同性愛者って覚悟と美学が滅びの道を歩ませるような気がして、儚くて、美しいんですよね。昭和歌謡の歌詞は泣かせるものが多いですねー。 長文サーセンw次作楽しみにしてま~す!


対人は難しいですね。自分にも相手にも、それぞれの積み重ねてきた道のり、経験したこと、考えたことがあり…双方簡単に否定できるものでもない。どうやってもわかりあえなかった二人は、袂を分かち、それぞれ別な道を歩む。そして別な学派を組んだり、分かり合える人間だけを集める。類は友を呼ぶわけですよね。どんなに著名な人の一言でも自分はすんなり受け入れられない。根拠は今まで自分が積み重ねてきたもの。それはそれでいいでしょう。ただ、その枠を突き破って、知らない世界に飛び込んでいくことで得られるものもたくさんありますよね。それは自分が「他の世界を見てみたい!」とか、何かきっかけがあった時にでもできれば十分なのでしょう。何でもかんでも雑食…ではまだ器用貧乏にしかなれない可能性もありますし。難しいからこそ、きっかけがあれば案外すぐに飛び込む決心がついてしまったりするのですよね。

はい!次回作はお耽美です。今回描かれるのは、いわゆる「普通の恋愛」ではありません。ネジPです。ひねりにひねったお耽美の世界です。昭和歌謡の時代は未来が明るかったおかげもあって、ネクラが多かったと言われますね。絶望のどん底に打ちひしがれた人間をさらに上から叩き落す歌詞が非常に多かった。泣かせるものも多いですね。失恋したら初期の中島みゆきさんの曲を聴いて泣くといいと思います。次回作は今年中に上げるつもりですので、それまでお待ちいただければと思います。
2010/06/21(月) 小話

| ホーム | 次ページ
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。